2018年5月23日水曜日

<<第回109勉強会>>


日 時:5月21日(月)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:15名(受講者:9、講師・サポーター:6)
講 師:岡戸洋祐

 <学習内容>
CGを使った「火の鳥(フェニックス)」作成の第3回目の勉強で
作品を完成させた
作成手順概要は、下記の通り。

1.前回保存した画像を開く(テキスト9頁前半)

2.切り取った右羽根に動きをつける
 ①「フィルター」→「変形」→「対話的歪め」と「移動」ツール
    機能など利用
 ②「鏡像反転」と「移動」ツールで左羽根を作成、「回転と移動」
    ツールで左右非対称に変形

3.「自由選択」ツールで左羽根を根元を胴体になじませるよう加工

4.背景レイヤー以外の4個のレイヤー「羽根コピー・体、羽根と尾」
   を「可視レイヤーを統合」し、レイヤー名を「フェニックス」に変更

5.フェニックスを炎で覆い、躍動感を出す為に
 ①「脱色」→「トーンカーブ」でコントラストをつける
 ②ブレンドツールで描画色と背景色を「黄色」と「赤」に変え、色メ
       ニューの「カラーマッピング」→「グラデションマップ」を選択すると
  炎に覆われた火の鳥(フェニックス)のようになる

 ③フェニックスレイヤーを複製し、モードを「オーバーレイ」とし、更に
        明るさを増す

6.フェニックスの周りをぼかすよう新規レイヤーを作成し、   選択範囲の拡大、
  境界ぼかし白色塗りつぶし機能を使って加工

7.フェニックスの頭部の周りを神秘的に輝かせる為、フィルターの「照明と
   投影
」→「グラデーションフレアー」機能と「移動」ツールを使う

8.炎に包まれた躍動感のあるフェニックス画像と背景画像間(燃え盛る炎)
   に黄色と白色の
 大小さまざまな「火の粉」を作成する為、「ブラシ」ツールの不透明度
   を変え、ブラシとして[Star]を選択、「動的特性と散布量」を設定、適宜な
   個所をなぞり、火の鳥画像を完成させた

9.見栄えをよくする為、完成画像の周りに最も簡単な操作で額縁を作成、作者の署名を入れ全て完了(テキスト14頁終了)
   報告者 岡戸洋祐

          

~作品集~
火の鳥
 



その他の作品


2018年5月16日水曜日

<<第回108勉強会>>

日 時:5月7日(月)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:16名(受講者:10、講師・サポーター:6)
講  師:岡戸洋祐

 <学習内容>
今回は、CGを使った「火の鳥(フェニックス)」作成の第2回目勉強をした。
1.前回保存した炎の中のフェニックス胴体の背景画像(テキスト3頁) を開く

2.フェニックス胴体の下半部が弱々しいのでどっしりするよう次のような操作で加工
 ①「自由選択」→「拡大・縮小」→「遠近法」→「移動」
  の各ツールを利用
 ②「レイヤー」の統合しレイヤー名「体」とする
 ③体全体に動きをつける為、時間をかけ、S字模様、かつ
  美しく変形させる為、「フィルター」→「変形」→「対
  話的歪め」機能を利用する


 3.フェニックスの尾を作成し、ダイナミックな尾に変形
 させ
 ①孔雀画像を開き、「自由選択」ツールで羽根部を大まか
  に三角形状に切り取る
 ②切り取った羽根を綺麗に切り抜く為に、「前景抽出選
  択」ツールで囲み、切り抜きたい部分を黒で一筆箋塗り
  でドラッグ、着色してない部分もドラッグ
 ③ 切り抜かれた画像をコピーし、1.の背景画像に貼り
    付け、レイヤー名「尾」に
 ④「拡大縮小」ツールで尾が2.の画像全体に収まるよう
         縮小、かつ「回転」ツールで円錐状に配置

 ⑤「フィルター」→「変形」→「対話的歪め」機能を利用
         し、時間をかけてダイナミックに変形し確定後、「拡
         大・縮小」と「移動」ツールで鳥の尾のように配置を
         調整

4.フェニックスの羽の作成
 ①カモメ画像を開き、アルファーチャンネル追加し、電脳
        ばさみで「右羽根部」を切り取り、更に綺麗にする為
        羽根末端部の隙間は、「ファジー」機能を利用、その
        画像を保存し、今日の勉強会終了(テキスト9頁)


 
次回、この羽根画像をダイナミックに両翼に配置し、炎と火の粉に包まれた火の鳥の
ように着色等し、恰も火の鳥が新たに生まれ変わったようなCG画像を完成させ終了。


 報告者 岡戸洋祐

2018年5月2日水曜日

<<第回107勉強会>>

 日  時: 4月16日(月) 13:30~16:00
 場  所:喜平図書館 第一集会室
 参加者 :名 (受講者12名、サポータ6名)
 講  師:行武錦弥・岡戸洋介

「きらめきの世界」の最終回と「新しい作品」つくり
     です。
    前回の続き
作成手順
 1.「追加をした人物の画像」をシャープにします。
  ①「人物」レイヤーを複製し「人物の映り込み」を作成

            する。
   ・「鏡像反転」ツールで垂直に反転させます。
  ②「移動」ツールで映り込みの位置に配置します。
     ③「レイヤーマスク」等を使い、自然な映り込みに

             るように変形させます。

 2.光を描画します。
  ①新しいレイヤーを作って、下の画像が見えるように

   「レイヤモード」を「加算」に変更します。
  ②「ブラシ」ツールで、ブラシ種類(クロス・スター

     等)、サイズを色々変えながら水平面から上部の
             みの位置に、好みの数を描画します。


 3.パスツールでパスの逆三角形を作り、ポイントを引き
        出し半円形に変形させます。
  ①パスの境界をブラシで、3回ストローク描画をし

            ます。
   ・ブラシの種類(Iris7、Iris6)・サイズ・間隔の設

              定を変え描画を行います
  ②「光」レイヤーにグラデーションで描画をします。
   ・ツールオプションの設定でモードを「オーバーレ

              イ」に変更、「形状を螺旋」にして、キラキラの
              状態を作っていきます。
  ③上空に「三日月」を描画します。
   ・「黄色」で「ブラシ」ツールを使って「三日月」

    作成します。
  ④最後に「光」レイヤーに星を描画します。
   ・不透明度を下げたり、色を変えたり、大きさを変え

               たりしながら、上空に好みの数だけを描画して
               いきます

 4.最後に文字・・・「Gimpサークル」・・・を作成
   し、ビル上に配置して完成です。



 5.追加装飾として好みの額縁に入れます



  1.  新しい作品作り ・・・「CGを使った火の鳥」
  ・画像の組み合わせ、色、形を変形させ、炎の中に輝く
   フェニックスの作成です。
 ◎作成手順
 1.画像全体のベースとなる背景の「炎」を作成
  ①白い「新しい画像」を作成します。
  ②「背景」の名前を「炎」にします
   ・グラデーション・・・黒・赤・黄色・白 のグラ
    デーションを線形で描画します。
   ・グラデーションを「フィルター 対話的歪め」を使
    い「ギザギザ・左回り・右回り」に歪め燃え盛る
    炎のような状態を作ります。

 2.「フェニックス」の体を作成します。
  ①「クジャク」レイヤーを「レイヤーとして開き」胴体

   部分をパスツールを使って切り抜いていきます
     ②切り抜いた画像をコピーし、背景画像に貼り付けます



   ・今回はここまで、以降は次回です。


           報告者:行武錦

~作品集~ 











2018年4月6日金曜日

<<第回106勉強会>>

日  時: 4月2日(月) 13:30~16:00
場  所:喜平図書館 第一集会室
参加者 :16名(受講者10名、サポータ6名)
講  師:行武錦弥

今回の課題は
「光あふれる世界を作ってみよう・・・きらめきの世界

  の第2回目、前回の続きです

作業手順
1.「文字」を作成し「チャンネル」を作成します。
 ①「テキスト」ツールで、「GIMP」と入力し、「チャン

   ネル」に保存します。
 ②この「チャンネル」に「ガウスぼかし」をかけ、その後

      「明るさ・コントラスト」で明瞭度を調整します。
 ③この「チャンネル」を「複製」

        複製したチャンネルに、さらに「ガウスぼかし」
  をかけます。
 ④二つのチャンネルを「非表示」にして、「レイヤー

        タブ」に戻ります
2.文字の映り込みの作成をしていきます
 ①「背景」フィルターに「ずらしマップ」を適用後、新し

         いレイヤーを作成、「塗りつぶし」ツールでグレーに
         塗りつぶします。
 ②グレーになった新しいレイヤーに「バンパップ」と「エ

        イリアンマップ」をかけ、文字を浮き上がらせます。
 ③レイヤーのモードを「オーバーレイ」に変更し、レイ

        ヤーを複製。
 ④その後、「可視レイヤー」を統合します。

3.文字画像の完成
   ①チャンネルから文字の「選択範囲」を作成
 ②レイヤータブに戻り「選択範囲」を5ピクセル拡大

        後、選択の範囲の反転行い、文字以外を消去します。
 ③文字の背景レイヤーを複製し、レイヤーモードをオー

        バーレイに変更.
 ④下のレイヤーと統合を行い文字の装飾は完了です。

4.文字の配置行います。
 ①文字画像をコピー「背景画像」に戻り貼り付けます。
 ②レイヤー名を「ロゴ」と変更。「移動ツール」で中央下

       に配置を行う。
 ③レイヤーを複製、複製レイヤーを「鏡像反転」ツールで

      「垂直に反転」を行い、
  移動ツールで映り込みになるように下の方に移動.
 ④レイヤーマスクをっ作成し、レイヤーマスクに「白から

  黒」のグラデーションをかけ、下の方を半透明にして
  いきます。
 ⑤文字レイヤーに50ピクセルの縁取り選択を作り、文字
  を発光させます。
 ⑥新規レイヤーを作成し、「塗りつぶし」ツールで青く塗

  りつぶし、レイヤーモードをスクリーンに変更
 ⑦「ロゴ」レイヤーの下に移動します。これで文字が発光

  したようになります。
 ⑧ロゴの輪郭部分に、5ピクセルの「縁取り選択」を作

  り、青で塗りつぶします。
 ⑨文字を配置後、画像の統合を行い完了です

「人物」を配置します
 ①「人物画像」をレイヤーとして開き、アルファチャンネ

  ルを追加
 ②「電脳はさみ」ツールを使い、「人物だけ」を切り抜き

  ます
 ③「移動」・「拡大縮小」ツールで人物を画像の中心配置

  します。

 今回は、ここで終わりです 。

 次回はこの人物像を「シャープにし、写り込み等を加え

 完成していきます。


                          報告者:行武錦弥

2018年3月29日木曜日

<<第回105勉強会>>

日  時: 3月19日(月) 13:30~16:00
場  所:喜平図書館 第一集会室
参加者 :名 (受講者13名、サポータ6名)
講  師:行武錦弥

?今回の課題は

 「光あふれる世界を作ってみよう・・・
    きらめきの世界」の作成です
1.まず、土台となる「新規画像」を作成をします
 ①画像に「horizon2」というグラデーションを描画
       します
 ②「新しいレイヤー」を作成し、フイルターで「グリッ
         ド」線を描き、「遠近法」で変形、クイックマスク
         モードを使い、「黒から白」のグラデーション描画で
        「地上面」を作成します

 ③「色のレベル補正」で空の部分を暗くし、「グレー
        から黒」のグラデーションで地上面と空の部分の区分
       を描画します。

2.ビルを作成します
 ①「新しいレイヤー」を作成し、空の部分の選択範囲
        作成し、「ソリッドノイズ」「モザイク処理」のフイ
        ルター、「しきい値の設定」「諧調の反転」でビルの
        形を作成していきます

 ②「ビルレイヤー」を複製して「近くのビル」と「遠く
        のビル」を作っていきます

3.「ビル」に窓の明かりを作成していきます
 ①コピーした「ビルレイヤー」の「ビルの選択範囲」作
        成、「プラズマ2」というフィルターを使い「白黒の
       ノイズ」かけ、さらに「モザイク処理」を行います。
 ②「ビル」に格子窓を作っていきます

  「グリッド」というフィルターを使って、ビルの中に
       「グリッド領域」を作成、「しきい値」の設定、「ぼか
        し」と「水色で塗りつぶし」で ランダムに「窓の明か
        り」を作成します
 ③描画モードを「オーバーレイ」にして、画像を2~3回
       クリックすることで、「ビルの窓」ができます。

4.遠くのビルを作成
 ①遠くの方にも「ビル」を作っていきます。
     「ビルレイヤー」を「鏡像反転」ツールで水平に反転
       させ、「拡大縮小」ツールで縦方向に拡大します
 ②不透明度をさげ、遠くに有るように表現します

5.「ビル」の映り込みを作成してきます
  ①「ビルレイヤー」を複製し、上下に反転させて「ビル
       の写り込み」になるよう、地上部分に配置をしま す
 ②「不透明度」、「レイヤーモード」を変更して、「写り
      込みのビル」の完成です。

 ③地面との境界部分に「白から透明」のグラデーションを
     かけ、地上とビル群との「境界部分」を目立たなくしま
    す、さらにカラーのグラデーションをかけ境界部分を
    装飾します。


6.画像を複製し装飾を加えていきます。
 ①背景レイヤーを複製し、「画像の縮小」を行い、再び
      「horizon2」というグラデーシを「下から上の方」描
        画します
 ②次回以降 ・・・このレイヤーに文字を加えていきます


      報告者:行武錦弥

2018年3月14日水曜日

<<第回104勉強会>>

日 時:3月5日(月)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:16名
講  師:春日昭男

 <学習内容>
今回は、ヨーロッパの白い古い建物の壁に写楽の役者絵をマッピングする勉強をした。
1.建物の夜景写真を開き傾き等の修正をし、Aサイズに切り取る



2.役者絵をレイヤーとして開く
 ①白色部分を透明にし線画とする
 ②線画部分を選択し、ブレンドツールで線画にグラデーションをかける



3.描画した役者絵を2枚複製する
 ①1枚を左壁に配置
 ②もう一枚を右壁に配置

4.3か所に配置した役者絵を壁の形状に合うように変形させる
 (拡大縮小、せん断変形、遠近法等のツールを使用)

5.夜景の空部分に月写真(皆既月食の写真)をレイヤーとして開き背景を消去して合成する

6.次に街灯写真をレイヤーとして開き、新規レイヤーを重ね街灯の灯具部に明かりをともす


7.前回作成した額縁を開き、今回作成した写真を挿入して完成 

報告者 春日昭男
~応用作品 ~

2018年2月28日水曜日

<<第回103勉強会>>

日 時:2月19日(月)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:16名
講  師:春日昭男

 <学習内容>
今回は、簡単なようで結構面倒な額縁作り勉強した。
「Aサイズの写真をAサイズの額縁に入れる」方法

(1) Aサイズの額縁のサイズを設定する
    一般的なデジカメ写真サイズである横幅3000ピクセルを基本として縦横比より高さを決定する
  次に、ベベル幅、マット幅、枠幅を設定して挿入する写真のサイズを逆算で決定する。

(2)「メニュー」「装飾」「額縁のマット作成」へと進み必要サイズおよび色等を決定する
  今回は ベベル幅-----20ピクセル
       マット幅-------295ピクセル
  でマットを作成。
(3)マットサイズの修正
  上下左右ともに295ピクセルのマットであるので、上下のマット幅が180ピクセルになるように修正。

(4)次に、フレーム(枠)を作成する
  「メニュー」「装飾」「額縁のフレームの作成」と進み枠幅、色等を決定する
  今回は、枠幅を80ピクセルとして作成。
    これでマットの外に枠が完成。
(5)額縁の中に写真を挿入して終了

写真が綺麗に収まりました